熊本教育ネットワークユニオン

活動の報告と相談の窓口です。またブログ担当者の学習の跡でもあります。過去の記事をご覧になるときは下のメニュー欄をクリックください

MENU

侏儒の呟き(8)

侏儒の呟き(8)

○「共に学問の奥義を究めながら、Aは事実に蓋をする者、Bは公に危険を知らしめる者。斑目春樹と小出弘章。」このような文章をおよそ10年前に書いた記憶がある。福島原発が壊滅状態となり、今後の原子力政策をどうすべきか、日本国中に熱い空気が溢れていた頃であった。自分は小出の本を2、3冊読んで俄知識を蓄えた。それまでの国の原子力政策がいかに汚れ、嘘まみれであったかを教えられた。政権の中枢にまで這入りこんで自由自在に政策を操ってきた、その急先鋒の一人が斑目であった。
 先日、その斑目氏が亡くなった。見境もなく原発再稼働に前のめりになっている今の岸田政権の動きに、彼は拍手を送っていたのであろうか。一方、小出氏に関しては、マスコミに出る回数が極端に少なくなった。反原発の強い信念と舌鋒鋭い論調に、政治の側がブレーキをかけている可能性が十分にある。この件に限らず、一連の原子力政策に関してはマスコミの責任がとても大きい。政権におもねるだけでは過去の間違いを繰り返す。しっかりしろと言いたい。

○今日も野道を歩く。毎日欠かさず散策ができるのは嬉しいことだ。それなりの健康と体力が保持できていることに感謝しなければなるまい。感謝する、誰に?――両親に。妻に、子に。そして今のいのちに繋いでくれた代々のご先祖様に。
 代々とは言っても…、実は何にも知らない。たとえば3代前のご先祖だって名前さえ知らない。その方たちはどんなご両親から生まれ、またその両親の先代はどんな生業をされていたのか、今に伝わるものは何もない。本当に何も知らない。分かるのは、遡れば遡るだけ多数のいのちが存在したということだけだ。ということは、無数の血が溶け合って今の己の体を作っているということだ。きわめて当たり前。単純な事実に過ぎない。しかしその単純さが、時に不可解な思いを呼び起こす。
 パスカルの言葉を思い出す。長くなるが引用して味わってみたい。「私の一生の短い期間が、その前と後につづく永遠のうちに没し去り、私の占めている小さい空間、いやむしろ、私の見ているこの小さい空間が、私を知りもせずまた私の知りもしない無限の空間のうちに沈んでいるのを考えるとき、私は自分がここに居てかしこに居ないということに、恐れと驚きを感じる。というのも、何ゆえかしこに居ないでここに居るのか、何ゆえかの時に居ないで現にこの時に居るのか、全然その理由がないからである。誰の命令、誰の指図によって、この時、この所が私に当てがわれたのか?」そして彼の思考は次の有名な一節へと至る。「この無限の空間の永遠の沈黙は、私に恐怖をおこさせる。」[「パンセ」松波信三郎訳]
                                                (ネットワークユニオン・S)

優勝とりにいくぞ

  優勝とりにいくぞ

雨音が聞こえた。まじか、試合あるかな。この一週間酒も飲まず、肉も食い込んで備えてきたのに。テンション下がって、でもまあ、取り敢えず会場に行くか、と西の城山コートに向かった。8時30分につきアップして備えるつもりが、10分前につき、アップはできなかった。

    9時に試合は始まった。相手Aペアはアップすんだのか動きはよく、たちまち0-3とリードされた。ペアの人がサービスで頑張ってくれて1ゲームとった。これで流れを引き寄せるかと思ったが、相手のフォアハンドのスライス、ドロップショットに対応できず、負け1-4となった。そして流れは変わらず4-6と負けた。もう優勝はできない。豚カツという肉を食べたがよかったかと、後悔しても遅し。あとはゲームに集中するだけと望みBペアに6-1で勝ち、1勝1敗。我々が負けたAペアは2勝していた。
 
    当然Aペアの3勝かと思っていたら、私たちが勝ったBペアがAペアに3-0の試合展開。BペアがAペアに勝てば、勝率で、優勝が変わる可能性が出た。Aペア負けてほしいと祈る私は、恥ずかしいので、Bペアに勝ってほしいと言い逃れの気持ちで手に汗を握っていると、なんと4-6でAペア負けた。
 
    そうなると、試合残ってる私たちペアが、6-3以内で勝てば、逆転?優勝。6-4で勝っても相手の直接対決で負けてる自分たちは優勝できない。
     まあ、まだ優勝の女神はたたずんでいた。全力で闘い6-1で勝った。
 食いこんだ鶏肉が効いた。優勝取りにく。
    だが優勝した嬉しさで賞品を持ち帰り、ラケットを会場に忘れるという、あまり知られたくはないことも起こった。

かくばかり すべなきものか 世の中の道

かくばかり すべなきものか 世の中の道

    師走が、すぐそこまでやってきた。大相撲九州場所も今日27日、千秋楽を迎える。残念ながら熊本農業高校出身の正代は大関陥落が決まった。御嶽海も陥落一場所目に負け越し、大関復帰は一からのやり直しとなった。若い力士の相撲はなかなか面白いが「横綱大関安泰の時代は遠くなりにけり」の様子だ。三年前だったか連れ合いと九州場所を観戦し、煌煌と照らされた土俵と迫力ある取り組みを、力士と一緒に右に左に体をゆすりながら見入った。

    小泉純一郎が「痛みに耐えて、よく頑張った!感動したっ!」と、貴乃花総理大臣杯を授与したのは2001年の夏場所だった。本割りで敗れた手負いの(膝の亜脱臼)貴乃花が、優勝決定戦で武蔵丸を執念の上手投げに破り、鬼の形相で勝ち名乗りを受け、優勝したのだった。

    小泉純一郎は、夏場所直前の衆参両院の所信表明演説で「構造改革なくして日本の再生・発展はない。痛みを怖れず既得権益の壁にひるまず、過去の経験にとらわれず、21世紀にふさわしい経済・社会システムを確立していきたい」と述べ、明治初期の長岡藩の「米百俵」の話を持ち出した。そして「今の痛みに耐えて明日をよくしようという『米百俵』の精神こそ改革を進めようとする今日の我々に必要ではないでしょうか。私はこの内閣において『聖域なき構造改革』に取り組みます」と宣言した。貴乃花の優勝は小泉にとってジャストミートだった。20年後の現在、小泉構造改革が残したものは、貧困や階層間格差の拡大、平等・公正・公平性といった理念の破壊された社会であることは疑いない。「聖域なき構造改革」は、持論の「郵政民営化」を強行するとともに「労働者派遣法」を改悪し、非正規労働者を圧倒的に増やした。今や「正規労働が当たり前」を知らない若者がほとんどだ。今日の格差と貧困をもたらした小泉純一郎の責任は計り知れない。小泉内閣のころ、私は「世の中からいなくなって欲しい人物(もう少し品のない表現だった)」の第一に小泉を上げていた。

 折から防衛費の10年間で40兆円への増額が叫ばれ、その財源は「国債によることなく、国民負担つまり増税だ」という議論が報道されている。ロシアのウクライナ侵略、円安あるいは便乗によって物価高騰は引きも切らない。連合の芳野会長は年末一時金の獲得金額を評価し、来春季生活闘争の賃上げ5%目標を表明した。彼女の発信に触れるたびに、底辺で働く労働者の姿が見えないことに不満を抱く。労働運動を「意識的に」本工労働者の枠内に止めているのではないかと疑わざるを得ない。

 万葉集「巻第五」に「貧窮問答歌山上憶良)」がある。長歌の最後の部分と反歌を引用すると「・・・・・・父母は 枕の方に 妻子(めこ)どもは 足(あと)の方に 囲み居て 憂へ吟(さまよ)ひ かまどには 火気(ほけ)吹き立てず 甑(こしき)には 蜘蛛の巣かきて 飯(いひ)炊(かし)く ことも忘れて ・・・略・・・ しもと取る(賦役の鞭を打つ) 里長(さとおさ)が声は 寝屋処(ねやど)まで 来立ち呼ばひぬ かくばかり すべなきものか 世の中の道」「反歌  世の中を 厭(う)しとやさし(つらい)と 思へども 飛び立ちかねつ(飛び立って他所へいくこともできない) 鳥にしあらねば」

まさに、今の日本そのものを表す貧窮問答歌である。万葉集の成立は八世紀後半なのに。

(11月27日)

その名前は

 11月上旬、学校の体育館で講演を聞いた。2年前の豪雨で甚大な浸水被害に遭った人吉の焼酎醸造元の方が話された。その方は元高校教員で、30年くらい前に現任校で同勤していた。そして、かつての勤務校で私が授業した生徒でもあった。

 たまたま教室に掲示してあったこの講演のプリントを見た。授業の空き日なので、そのまま半分忘れていた。印刷などを短時間しようと午後から学校に出てきたら、日程変更になっていて講演があることを思い出した。せっかくだから、さわりだけでも聞いてすぐに帰ろかなくらいに思った。

 講演の最初で、家毎流され行方不明になった同級生の名前が出てきた。しばらくしてから、八代海で遺体が発見された。その同級生は私が40年くらい前に1年生のクラス担任をした生徒であった。

 2年前、報道で名前を見たときに、もしやとの想いが頭をよぎった。ファイルを引っ張りだし、名票とクラス写真を確認した。1年生で小柄だが、浅黒く眼がクリッとした純朴な生徒という印象が残っている。どういう訳か、家庭訪問したときの家の場所がすぐに思い浮かんだ。

 クラス担任を25回くらいはしたと思う。担任した学年は覚えている。50代までは何組だったかも覚えていたと思うが、今は半分以上抜けてしまった。生徒の名前も顔も忘れたり、あやふやになっている。

 家庭訪問は、県下各地で主に1年担任の時にかなりの数行った。以前は、車でたまたま通りがかったときに、ふと誰々の家があったなと浮かんでいたように思う。少数の生徒の家は思い出すが、大部分は忘れてしまった。

 ところが、その生徒の家はハッキリと覚えていた。肥薩線の駅の真ん前で道を挟んだところにあり、家の後ろは球磨川だった。保護者ともお会いしたと思う。2年前は単純に両親だっただろうと思ったが、講演の後で思い直してみると年配の方だったようにも思えた。村会議員をしたと聞いた気もするので、祖父がおられたようにも思う。なにせ40年前である。全くもって自信がない。

 講演では、ボランティア、同級生などの支援、義援金、酒蔵の再建、新しい焼酎のことなどの話があった。苦難の中にもいろいろな人と繋がり乗り越えていこうとする姿とその人たちの温かさに感銘を受けた。すぐに帰ろうと思っていたのに、とうとう最後までいた。

 講演後、体育館の前で久しぶりにお会いした。マスクした私の顔でも、すぐに思い出されたようだった。その同級生の1年の担任だったことを伝えた。短時間お話をした。長年付き合いが続いて、行き来していたそうだ。家の後ろがすぐに球磨川で、夜は特に音が聞こえて落ち着かなかったという話も出た。

 講演の中でも、球磨川は怖いが、好きだと言われていたと思う。人吉は、教職2校目で7年間過ごした思い出深い地である。復旧・復興を切に願う。

 

 11月中旬、5回目のコロナワクチン接種を受けた。今までと同じ会社のワクチン(オミクロンBA.4/5用)を打つことができた。4回は同じ耳鼻科病院で受けたが、接種日が遅い。できるだけ早いほうが良いと思い、初めて違う小児科病院に予約した。

 当日、小児科なのに年配者が多い。子ども連れは少数のようだ。年配でない人もいるが、4回目なのかもしれない。耳鼻科病院では医者の問診のあと注射は看護師が行ったが、ここでは注射も医者が行った。接種後、車で15分ほど待機した。両隣の車にも待機する人がいたが、先に出ていった。

 コロナワクチン予約システムで検索すると、接種枠は小児科病院の方が早く表示されるように思う。アナフィラキシーショックでの死亡記事などを見るが、学校に勤めているからには積極的に接種しようと思っている。

 インフルエンザワクチンは接種した記憶が無い。たまに熱発しても、熱は長続きせずに下がった。一度だけ受けたインフルエンザ検査でも陽性にはならなかった。今後の展開がどうなるか予測できないが、非常勤講師を辞めたら、今とは違う感覚になるだろう。


(熊本教育ネットワークユニオン true myself)

部活動

  部活動が教員の負担を大きくしていることは周知の事実。組合行事や会合に誘っても、「その日(たいていの場合休日なんだが)その日は部活があるんです」との返事にあうことも多い。

 今日はその部活動に対し次の記事を見つけた。

 

 東洋大学附属牛久中学校・高校にの教員は「部活動の顧問に就任するかどうかは任意」の労働協約(「部活動顧問任意制労働協約」)の締結ができた。顧問に就かない教員に不利益を及ぼさないことも明文化。

 

 労働基本権がいかに大切か。組合の運動を広げるかを雄弁に語っている。 

 

https://www.kyoiku-press.c/om/post-251343

 

ココアは????

 あの厚生御労働省の「ロゴ」何となく統一教会ロゴに似ていて、自民党ロゴに似ていて気味が悪いが、このロゴが目印のCOCOA(ココアと呼ぶ)。軽い気持ちでインストールしたが、とんでもない代物だった。COCOAに国は21年度は約3.9億円、22年度は5.6億円を計上している。初年度からの合計で約13.3億円である。しかし、3割の国民の登録に終わっている。国民からすれば、政府の「情報」」関連政策はとても信用することができないのだろう。

 

 感染した人との接触を知らせてくれる、自分が感染したらせめて接触した人に注意を呼び掛ける。それだけなら協力しようと、家族で話題になりインストールした。軽い気持ちだった。詐欺にあう「ワンクリック」と同じか?

 

 ところが、利用者の一部のCOCOAは、昨年の9月末から4か月余り機能せず、放置されていたという。つまり感染者と接触したのに通知がされていなかった。これはたちが悪い。通知がないと接触してない。少なくとも「国の調べでは」接触してないということを信じてしまう。ところが、接触しているのに知らせがこないという最悪の実態。感染拡大期にである。呆れてしまう。

 

 ついに厚労省COCOAの停止に踏み切る。ところが、COCOAを導入したスマートフォンは、陽性者との接触の可能性を通知するため、定期的に処理を行なっているため、バッテリーの消費や通信料などがかかるという。それで、停止するには、新たにアップデートが必要になるととのこと。そんな「骨折り損のくたびれ儲け」にあうとは、夢にも思わなかった。「一瞬でも国を信用した自分が甘かった」。

 

 さすがに会計監査院がCOCOA厚労省)に改善要求をした。国(厚労省)は指摘に「国は余分な修理費は払っていない。他の指摘については、適切に対応する」とどこ吹く風?

 

 これではマイナンバーなどとんでもない話。あぁ怖い。