熊本教育ネットワークユニオン

活動の報告と相談の窓口です。またブログ担当者の学習の跡でもあります。過去の記事をご覧になるときは下のメニュー欄をクリックください

MENU

こんな本読もうとしてます

 高校の修学旅行で日光の「華厳の滝」を見学した。半世紀も前のことだ。写真はモノクロ。さて、この滝の名の由来は「華厳経」とか。華厳経とは仏教の仏典である。

 数週間前「華厳経入法界品」という本を購入した。上・中・下三巻からなるが、まずは上巻(文庫本)を手に入れた。

 中はどんなことが書いてあるか。当然のことだが、読んでないからわからない。なぜ読もうとしたか。それもよく思う出せない。本の帯には、まず大きく「菩提心に燃える青年はついに旅立つ」とある。」その下に小さく「伝来以来、日本人の思惟、文化に絶大な影響を与えてきた大乗仏教の精華をサンスクリット原典から現代日本語に初めて完訳した画期的訳経の文庫化」とある。

 善財童子という青年が「無上正等覚に向け発心」(書いていてわけわからんのだが)し賢者など53人を訪ね歩く物語のようだ。東海道53次の53と関係ありとか?

 今日はこんな本を手に取ったという報告。 (kob)

f:id:kenu2015:20220125170051p:plain

 

 

 

 

 

陰性ははっきりしたけど

陰性ははっきりしたけれど

 幼いころ花がきれいとは思わなく、闇は怖いと思っていた。菜の花は黄色、桜はピンク、菊は白。花の色は認めるだけなのに、闇は黒を認めるだけでなく怖さもあった。その怖いものの一つは幽霊だった。闇のなかには幽霊がひそんでいて、出会うのではないかと。実際はあったことはなかったが。闇には怖さだけでなく驚きもおかしさも楽しさもあるはずだけど怖さが強い。

 今全世界をコロナという闇が覆っている。感染するということのみは明らかである。かってペストという病気が世界を襲ったらしく、またそれと同じように死者が地上を覆い尽くすのではないかという恐怖が、その闇の中に潜み、不明さの中で、人のつながりが断たれている。

マスクしているか、ワクチン打ったのか。

 ・・・いや、マスクで入ってくるはコロナをシャットアウトできないと厚生労働省のホームページにある。感染している人がマスクすればコロナを飛ばさないようにはできるようだ。つまり感染している人にマスクをしてもらうのはありだが、感染してない人はマスクはいらないのだ。なのに感染してるのか分からないからと、感染していると仮定してマスクが求められている。いや勝手に感染していると決めるなよと言いたいが、不明なら恐怖の前には通用しないようだ。

 ここでの問題は、「感染してるかどうかが明確でないこと」ではないか。感染してるなら、マスクをしてもらいたいし、治療がいるし、感染してなければ、マスクも治療もいらない。

明らかでないことが困ると思ってたら、街中でも検査ができるようになり、陰性の結果をもらった。さあこれで、マスクはいらないとはっきりした。堂々とマスク無しできると思う。だが、お前なんでマスクしてないのかという視線が向けられたら、耐えられる心臓を作らないとといけないかなあ。いやそういう視線を想像することが、闇の怖さを生み出したものから解放されてないことかとも思う。 

いつか来る日のいつかを怖る

いつか来る日のいつかを怖る

▲昨年末はすいぶん「喪中欠礼」のハガキをいただいた。松が取れると何枚かの「寒中見舞い」も届く。昨日、最後の勤務地で仕事を共にした元同僚から「十二月に妻が・・・」と書いた寒中見舞いが来た。衝撃だった。▲私は1998年に父を、それから義母、義父と彼岸に送り、今年は母の七回忌を催す。母を送った後、しばらくは近親者の葬儀はないと思っていたら、三年前の暮れに長姉が72歳で亡くなった。▲そのような今の私には、連れ合いに先立たれることは「想像する準備」すらできない。身近な仲間や先輩からは、その「えも言えぬ寂しさ」を聞いた。今回の寒中見舞で、改めて人ごとではないことに気付かされ、慄然とした。▲思わず、本棚から永田和宏さんの著書を取り出した。永田さんは「宮中歌会始」の選者である。同じく選者を務めていた妻、故河野裕子さん(御船町出身)との闘病生活10年と死を「歌に私は泣くだらう」というエッセイに書いた。▲細胞生物学者で「護憲運動」にも取り組んでいる永田さんは、河野さんの死を目前にして「歌は遺(のこ)り歌に私は泣くだらふいつか来る日のいつかを怖る」と詠んだ。河野さんの最後の一首は「手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が」(永田さんによる口述筆記)。二人は生涯、それぞれ五百首は下らない相聞歌を詠んだという。

(ネットワークユニオン とらうと)

 

3回目接種の予約

3回目接種の予約

 1月17日、熊本市より新型コロナワクチンの3回目の接種券が届いた。当初予定の2回目接種後8ヶ月経過は私の場合2月9日からである。接種券には1月22日より予約受付開始で、65歳以上については7ヶ月経過後から接種を順次前倒しで案内している旨を書いてあった。同封の予約スケジュールのチラシでは、私の場合は2月7日から接種となっていた。

 2日間短縮だけかと思ったが、念のため市のHPも見てみた。すると、65歳以上については「12月17日の国からの通知により、令和4年2月1日以降は、2回目接種から7か月経過後に追加接種(3回目接種)が実施できるようになりました。なお、使用するワクチンは主にモデルナ社ワクチンです。」とあった。そして、2月1日以降接種予約可能とあった。つまり8日間短縮である。翌日に届いた市政だよりにも2月1日以降となっていた。国からの通知が遅くて自治体も混乱したとは思うが、分かりやすく確実に連絡して欲しいものだ。

 65歳以上のほとんどが1・2回目はファイザー社製を接種したが、追加接種では交互接種(初回接種と追加接種のワクチンの種類が異なること)が推奨されているようだ。2社からの供給量があまり変わらないためだろうが、3回目も同じものを希望する人が多いだろう。私もできたら同じにしたい。1・2回目とも接種部位の痛みが2・3日あったくらいなので、別の種類ではどうなるのか不安でもある。

 事前に何回か予約画面に入ってみた。日付選択をしたら、ワクチンの種類選択となった。希望日を選ぶと、市内全域の接種医療機関が出てきたので地域を絞り込んだ。日によって違うようだが、ファイザー接種可能な医療機関は多くはない。日に日に接種時間の残り枠や接種可能人数が少しずつと減っているようにも思う。

 本日、受付開始時間になってから予約を行った。事前に確認していたので、スムーズに1・2回目と同じ病院に接種開始初日に予約できた。

 オミクロン株による感染急拡大によりまん延防止等重点措置となった。分散登校になり、クラスの半数の生徒にはオンライン授業をしなければならない。前回の分散登校以来、タブレットをほとんど使っていなかったので、不安である。昨日あるクラスの授業が終わってから、次の時間が体育だと生徒から聞いた。生徒にも言って、誰もいない教室でオンライン授業の練習をした。タブレットの画面をプロジェクターで映したり、いくつか試してみた。思うようにはいかないので、また単なるライブ中継になりそうである。

 本日深夜、大分・宮﨑で震度5強地震があった。大分に住む姉に接種予約前に電話した。被害は無かったそうだが、余震が続いているという。姉には、接種券は届いておらず、3回目接種はもう少し先になるようだ。

 年を取っていても、未経験のことが次々に起こるように思う。新型コロナも、どうなるか分からない。新たな変異株も出てくるかもしれないが、収束そして何らかの状態で終息に向かって欲しい。

(熊本教育ネットワークユニオン true myself)

大阪市の夜間中学校が廃校になることに反対する署名

大阪市の夜間中学校が廃校になることに反対する署名

組合員からの依頼がありましたので、お願いの文書並びに署名用紙をアップします。

f:id:kenu2015:20220121133251j:plain

 

f:id:kenu2015:20220121133320j:plain

※署名の送付は、お願い文書下にあるところに直接送ってください。

 

学習会(2022年2月11日)の中止について

学習会の中止について

「第5回臨採・非常勤教職員等(非正規教職員)の集い」の中止について

 上記学習会(2月11日実施予定)は、熊本県への「まん延防止等重点措置」の適用が決定されましたことを考慮し、残念ながら中止とします

 皆様のこれまでの取り組みに感謝し、お礼を申し上げつつ、連絡いたします。

 

 今集会では、「ICT教育と新評価制度について、非正規教職員の現状、私学の現状」を出しあい学習・交流を深める予定でした。

 「第4次産業革命(Industry4.0)」の時代と言われる今、学習こそキーワードです。   

 「1人1台端末」で象徴されるICT教育が加速する教育現場でどう活動して行くか、組合・学校現場そして臨採・非常勤ならではの視点での討論を期待していましたが残念です。

 今後何らかの形で別途問題提起を試みたいと考えています。

(以上です)

日出生台シンポジューム 20220129

f:id:kenu2015:20220120013440j:plain

f:id:kenu2015:20220120013539j:plain

 

f:id:kenu2015:20220120013557j:plain

f:id:kenu2015:20220120013615j:plain

下は1月29日13時半から(それまでは見れません)

https://youtu.be/lecBGTan7j0

 

▶︎私たちの組合はひとりでも加入できます。▶︎教育と関係ある仕事であったらなんでも相談してください。問題解決には実績と自信があります。▶ご家族の相談でもよいです。▶「教える」仕事をしていなくとも加入できます。▶左と関係なく、困りごとがあられたらどなたでもご相談ください。適切な労働組合を紹介いたします。◆連絡先:熊本市中央区水前寺1-33-18 熊本県高等学校教職員組合気付熊本教育ネットワークユニオン宛(☎096-382-1133)