熊本教育ネットワークユニオン

活動の報告と相談の窓口です。またブログ担当者の学習の跡でもあります。過去の記事をご覧になるときは下のメニュー欄をクリックください

MENU

 ドアパンチでデントリペア

ドアパンチでデントリペア

 

 7月中旬、「ドアパンチ」されて、車の右後輪上部の鋼板に「えくぼ」みたいなヘコミが2ヶ所できた。2本の白線の真ん中にバックで駐車したが、隣の軽自動車は前向き・やや斜めで、白線に近いことが気にはなっていた。しばらくして戻ったら、バック駐車のリヤスライドドアの車に替わっていた。そして、ドアをぶつけられてできたヘコミに気付いた。

 10年以上乗った前の車は、車に追突されたり自転車がドアにぶつかったりして鈑金修理をしたことがある。ドアの下を縁石などで削って自分でタッチペイントを塗ったりもしていた。代々の車で、この種のヘコミは記憶がない。よほどの勢いでドアを開けたのだろうか。数年経過した車ならいざ知らず、昨年購入したばかりの車なので何かの拍子に「えくぼ」に目が行ってしまう。

 

 しばらくして、車を購入したディーラーに行って「ヘコミを目立たんようにできんでしょうか」と相談してみた。鈑金だと塗装をはがして、パテなどを使って成形して、再塗装すると思うが、そこまでしようとは全く思わない。すると、鈑金の3分の1くらいの費用で「デントリペア」という工法があり、専門の業者に依頼することを聞いた。

 インターネットで調べてみた。塗装が傷ついていない場合、工具を使ってヘコミやゆがみを直すことができるという。検索してみると、熊本市の業者は3件くらいしか出てこなかった。

 

 8月になって所在地が近い業者に電話をかけてみた。すると、工場は持たず出張専門ということで、来てもらい無料見積もりをしてもらった。露天ではなく屋根があるところで作業するという。どうやら太陽光だけだとヘコミやゆがみなどが分かりにくいようだ

 購入して1年半も経っていないこともあるが、何より興味が湧いた。妻は「私は全然気にならん」と。私が「特別給付金も使い切っとらんから・・・・」と言うと、意外にも反対はしなかった。

 加入していた半年毎の点検時にやってみようと思い、8月下旬にディーラーに相談した。点検時に整備工場でその業者に施工してもらって良いことになった。早速、連絡・予約をした。

 

 9月中旬の点検の日、ディーラーに着くと業者はすでに来ておられた。点検はすぐ終わり、整備工場で作業を見学した。必要な箇所の内装をはずして、電源がリチウムイオン電池の蛍光灯型LEDライトを吸盤で後部ドアに取り付けて作業が始まった。

 道具は50種類くらいあるそうだが、今回使ったのは、先を細く少し曲げた1mくらいの金属棒と太い鉛筆状のような白いラクチック棒(硬質ゴムかもしれない)、それに小型の拍子木のような木製と思われる棒だけだった。

 LEDライトを場所や角度を変えながらその箇所に当てて、内装の隙間から金属棒を差し込んで内側からヘコミを押し上げ、外側からプラスチック棒を当てて木製棒でたたいて丁寧に成形していった。欧米発の技術だそうだが、10年以上の熟練の技は見事だった。30分くらいで「えくぼ」がどこにあったのか全く分からなくなった。内装を元に戻した後の洗車サービスの方がかえって長くかかった。

 

 長引くコロナ禍での制約や分散登校・オンライン授業などで何かしら鬱積してきた感じがする。安い料金とは言えないが、「えくぼ」が消えただけで気持ちが少し軽くなったように思う。

(表題をつけたとき、なんだか昔のテレビ番組「パンチdeデート」に似ていると思った。出会いとそのきっかけということで少しは通じているような気もしている。)

 

(熊本教育ネットワークユニオン true myself)

 

編集者の自分の興味からくる注

1)dent:外圧によるへこみ  2)repair:修理・修繕  

3)「塗装をせずにヘコミを修理する」という意味でペイントレス デント リペアまたはリムーバル(Paintless Dent Repair/Removal)という。日本では「デントリペア」と呼ばれている。欧州の自動車メーカーで考案され、雹(ひょう)の降ることが多い欧米で、雹の被害にあった車を修復するのに適しているということで発展してきた新世代の自動車外板修理工法。施工する技術者の持つノウハウや経験により仕上がりに大きな差が生じる。(http://www.trustdent.co.jp/execution/ より引用(2021年9月25日))

 

▶︎本ユニオンは、地方公務員法が適用されていない労働者がひとりでも加入できる組合です。ただし、地方公務員法が適用される非常勤者(会計年度任用職員)も当面加入できます。▶︎教育と関係ある仕事についておられる方の加入が原則ですが、そのほかの方々の相談も受け付けます。また、家族の相談でもお受けします。▶労働問題解決に長年関わった実績のあるメンバーを有しています。相談内容の秘密は守られます。

 

 

非常勤講師をめぐる裁判(長崎県職員の場合)

f:id:kenu2015:20210924020043j:plain

▶新聞(社会新報)は一部勝訴と伝えている。確かに「一部は認められた」が、不十分な側面が多い。新聞内容はそのことを指摘しているし、当事者の女性非常勤講師の悔しい胸の内が語られている。日本の裁判所は労働問題には、他のカテゴリーの裁判と比して現実を重視すると思われていると聞いたことがあるが、司法の壁もまだまだ厚くて高い。

▶身近に私たちのような組合はなかったのだろうか?裁判までに至る経過を知りたいと思う。

▶それにしてもタイトルはこれでよかったのか?

▶下のタイトルはやや硬いが、政党新聞としては妥当なところか?

f:id:kenu2015:20210924020057j:plain

▶︎熊本教育ネットワークユニオンは、地方公務員法が適用されていない労働者がひとりでも加入できる組合です。ただし、地方公務員法が適用される非常勤者(会計年度任用職員)も当面加入できます。▶︎教育と関係ある仕事であったらどなたでも相談可能です。ご家族の相談でもよいです。また「教える」仕事でなくとも加入できます。 

相談があり、すぐに対応し、解決を得た事例が多数あります。秘密は当然厳守されます。遠慮なく相談ください。

熊本市中央区水前寺1-33-18水前寺共済会館3F熊本高教組気付 電話096-382-1133

 

侏儒の呟き(3)

侏儒の呟き(3)

    組織による犯罪について。ある暴力団に対する裁判で、福岡地裁が会のトップに極刑の判決を下したそうだ。弁護側は当然無罪を主張していた。犯行を直接指示した証拠などないではないか、と。(つまり、一般市民に対する殺害や傷害は組員が勝手にやったものだという理屈。)これに対して裁判長は「厳格に統制された強固な組織制があった」と断じたと報道にある。

    ちょっと待てよと思う。(ここでは死刑制度の是非を論じる意図はない。)”強固な組織制”による犯罪という点に注目したいのだ。

    かつてアベシンゾウなる人物が総理の地位にあった。  モリトモ、カケ、サクラ、クロカワなどの疑惑を次々に惹き起こし、おかげで国会は延々と不毛の時間を費やすことになった。この間、主人公は見苦しいほどの詭弁と強弁を弄して、開き直ってみせたり100回以上も虚言を吐いたりと、実におぞましい低級の政治ショウを繰り広げたのであった。政権の私物化、議論の封殺、野党と国民に対する愚弄、背信行為など、およそ法治国家、民主政治にふさわしくない言葉がメディアを賑わせた。こんなニュースは海外に発信されませんように、と祈る毎日だった。この国に住んでいること自体が恥ずかしいと思ったものだった。

    翻って思う。アベが惹き起こした数々の問題は、その本質において今回の暴力団問題と一緒ではないかと。「強固な組織制」とは当時の内閣及び自民党体制であり、更にはそれを支えたものが『指揮命令系統により厳正に統制された』官僚機構であったことは誰も否定できないだろう。

    時間が経っても、国民は一連の問題を決して忘れてはならない と思う。まして義憤のあまり、職や命さえも投げ棄てて“総理の犯罪”を天下に訴えた、勇気ある人々がいたということを。

(ネットワークユニオン  S)

新聞の発行部数と普及度(新聞協会調べ)から

f:id:kenu2015:20210921012908p:plain

この20年で、すごい発行部数の減少。

朝日新聞社の決算概要です。

<2021年3月期連結決算概要>

  • 売上高 293,771百万円(前期比▲16.9%、▲59,837百万円
  • 営業利益 ▲7,031百万円(赤字転落、前期比▲9,424百万円
  • 経常利益 ▲507百万円(赤字転落、前期比▲13,592百万円
  • 当期利益 ▲44,194百万円(赤字転落、前期比▲54,882百万円
  • 純資産 347,022百万円、自己資本比率58.8%

このように売上高は約17%の減収、額では約600億円減少しています。

減収を受けて、本業の利益である営業利益は赤字転落しています。

東京オリンピックで一儲けしようとした?

(ネットワークユニオン H)

編集者:昨日県内最大部数を誇るK社の販売の方(顔見知り)が来られ、販売部数の減少を言われました。私は、「若者は新聞も読まない、TVも見ないでうもんねぇ。見るのはYouTube 」と日ごろの感想を話しました。販売店は、「配達人不足も困っているんです」とのことでした。

十分の六

十分の六
   わが尊敬する好きな大野滋さんは、スラッガーだった。何故なら彼は言った。「あのね、調子がいい時は、ボールが止まって見える」。止まったボールは完璧にとらえられるだろう。宮本武蔵がハエを箸でつかんだごとく。
 ある方にテニスを教えてもらうことになった。フェデラーの写真を見せて「これを見て何に気づきますか」。「フォームが美しいです」「そうですね。そして、ボールをラケットに当たるまで見ている、ということに気づいて欲しいのです」。確かにボールがラケットに当たるのをフェデラーはみている。「今ボールを見てしたか」「え。見てましたよ」「ラケット置いてください。今から右と左にボールなげますから、右は右手、左は左手でとってください」。なんとボールとれずはじいてしまう。「なぜでしょうか。ボールから目を離すのが早いからと思い、最後までみてください」。すると投げられたボールを取れた。やはり、ボールから目を離すのが早かったのだ。以前バトミントンでネット上からスマッシュを打つとき、最後までボールみておくのか、相手のコートを見るのかと考えたことがあったが、未解決だった。そうだ、ボールがラケットの一番適するとこに当たるのか、見るしかないのだった。「例えば野球ではバットもボールも球面なので、一点で接触します。その一点はどこですか?。ボールを縦に10分割して上から何番目で当たりますか?」そうだった。上から6番目に当たった、となればラケットに当たるまで見ていたと確認できる(もちろん6番目と正確には確認できないが)。つまりボールがラケットに当たる寸前で目はボールから離れていた、ということ。見ていると思っていたが、見ていなかった。これは大きなことだった。ミスショットはこれが原因だった。
ボールを当たるまで見る。それが全集中でできたとき、ボールが止まる。大野さんの言
葉を思い出す。10分の6を見たのか。これから、ボールを最後まで見るくせに修正したい。

(ネットワークユニオン M)

労働組合が組合員から信頼されていない?

労働組合が組合員から信頼されていない?

f:id:kenu2015:20210918093720j:plain

f:id:kenu2015:20210918093817j:plain

9月17日の朝日新聞(西部本社版)3面・32面

トヨタ社員自殺労災認定」

名古屋高裁が2010年に自殺した社員はパワハラや過重労働によるうつ病が原因として控訴審判決で労災と認めなかった名古屋地裁判決を取り消し、逆転判決を言い渡した。(3面の要約)

▶気になるのは32面で、奥さんが労働組合に相談したら」とアドバイスしたらご本人から「とんでもない、会社にいられなくなる」といわれたとのこと。日本を代表する労働組合が・・・・。組合員である労働者が、一番困っているときには自分に敵対する存在として初めから認識していることは悲しい。

▶そこに今日(2021年9月18日)の記事『全トヨタ労連、衆院選は「同じ志の人」と連携 立憲ににじむ距離感』、変に納得。

▶調べていくと紛らわしい名前だが「全トヨタ労組ATU」(記事の「相談したら」の組合の上部団体の「全トヨタ労働組合連合会」ではない)という誰でも加入できる労働組合がこの裁判を「支援する会」を通してかかわっている(支援している)ようだ。この組合のwebsiteによると「ATUは基本トヨタ自動車に関係する企業で働く人たちで組織されていますが、だれでも入会できる組合です。職場での困りごと解決します。信頼できる弁護士さん紹介します。ご相談ください。」とある。

▶基本は職域(関連企業)であるが誰でもどうぞというユニオンで「職場での困りごと解決します」という私たちに似た組合が存在しているようだ。少し光を見た思いがした。

①「公助の巨大な「穴」(朝日新聞2021年9月17日朝刊)②お茶の成分の研究をした女性化学者

「公助の巨大な「穴」、コロナ禍で浮き彫りに 最後の安全網機能せず」朝日新聞2021年9月17日朝刊)

朝日新聞が、連載(6回)している「長期政権を問い直す」。今回は、第3回「公助の大きな穴」。そもそも「自助・共助・公助」など政治の責任をかなぐり捨てたような、最初から「敗北宣言」する政治家など政治家をすぐやめてもらいたいのだが、その公助に大きな「穴」とは、「開いた口が塞がらない」

f:id:kenu2015:20210917075535j:plain

お茶の成分の研究をした女性化学者 辻村みちよさん

Googleの検索欄の上の画像がchemistryっぽい。なんだろうと思ってクリックすると、今日は「辻村みちよさんの133回の誕生日」とか。お茶の葉のカテキンの発見、タンニンの化学構造を決定した人。当時、化学構造を決定するのは大変だったに違いない。
辻村みちよさんの動画もいくつかあった。Google がつくった https://www.youtube.com/watch?v=WiCuIGIkAcI は読み上げソフトの性能がよくなく、生化学を「まなかがく」と読んだりする。https://www.youtube.com/watch?v=oW2JLkKXMQk こちらは静かに読むにはわかりやすい。 rikenchannelの https://www.youtube.com/watch?v=HxMCHdrirUo はさすがによくできている。子どもの頃の様子とか、保井コノさん黒田チカさん加藤セチとの関係とか知りえることができる。番組登録したい。
▶この人たちのことを紹介することで、高校化学の有機化学の授業を組み立てることができそうだが、もう授業をしていない私には「夢」でしかない。

f:id:kenu2015:20210917080224j:plain