熊本教育ネットワークユニオン

活動の報告と相談の窓口です。またブログ担当者の学習の跡でもあります。過去の記事をご覧になるときは下のメニュー欄をクリックください

MENU

教えてください「ホーホケキョ」

教えてください「ホーホケキョ」

初夏を迎えると、近くの藪で鶯がしきりに鳴く。今年は練習期間もほとんどなく四月下旬には見事にさえずり始めた。それから程なく、今度は不如帰(時鳥、杜鵑、子規)が鳴き始める。こちらは鶯より声も大きめで、昼夜を問わず鳴く。梅雨の今は、鶯も不如帰も雨の合間に「今、降ってないよ」と教えてくれる。私は疑問に思う。どうして鶯の方が不如帰より美しい声に聞こえるのか。多く和歌に詠まれているのは不如帰のような気がするが。「ホーホケキョ」と「テッペンカケタカ」という文脈か、あるいは音程か、鶯の巣に卵を産み付けるという不如帰への偏見か。単なる個人的な感じ方なのか。教えてください。

(熊本教育ネットワークユニオン とらうと)

新型コロナワクチン接種をうけた

 6月9日に2回目の新型コロナワクチン接種をうけた。熊本市は4月中に65歳以上に接種券が届いたが、予約開始日が書いてなくて混乱が起きた。
 予約開始の5月6日正午にダメで元々と思いながら、インターネットで必要事項を入力後、行ったことがある近くの病院を検索した。すると、選んだ病院のカレンダーは予約可能になっていない。これはダメかなと思ったが、3つ目の耳鼻科病院に予約ができた。
 5月19日の1回目の接種後、大分市に住む姉に電話したら、75歳以上から始まるので6月になって接種券が届くだろうとのことだった。2回目の接種予約は、3週間後の同じ時間に同じ病院に勝手に入って、PCで予約画面を見た後に熊本市から確認の電話があった。
 だるさはいつもと同じで変わらないが、左腕の接種部位の痛みが1回目は2日間ほどあった。2回目は3日目の今も接種部位に少し痛みと熱が残っている。まだ65歳になっていない妻曰く「生理食塩水だけじゃなかったたい」と。果たして抗体がきちんとできるのであろうか。
(熊本教育ネットワークユニオン true myselfより)

私のパソコン生活

ある事情でパソコンとその周辺分野を扱うことが多くなっています。

Arduino 、RaspberryPiという機械を操ろうとしたり、PythonとかCとかいうプログラム言語なまかじりしたり、SSDという記憶装置をパソコンのHDDの代わりにつけ快適な使用環境をつくったり、LinuxというOSをインストールしVista機を復活させたりです。

あまり同時にいろいろやり、さらに農作業の手伝い、我が家の空き地の草刈り、自治会の広報誌編集の「仕事」が入ってきて、さすがに頭と体が混乱している。こういう時は机の周りの整理整頓から始め計画表をつくるが良いと思っています。

なんだか自慢話っぽくなりましたね。経験談とそれぞれの面白さを伝えたかったのですが。

皆様にお勧めは、パソコンのSSD化です。特に「パソコンが遅い!」と感じている方はやってみましょう。その際、業者に頼まず自分でやることが大切です。

アドバイスします。ただし、データーが壊れたりした場合の最終的な責任は取れませんが・・・。

(熊本教育ネットワークユニオン K)

譚詩二編

執行委員Sさんは詩人です。送られてきましたので紹介します。

 

 譚詩二編


里山に雪が降る
細い糸が
樹々に吸い込まれてゆく
いくら降っても
もう山々を白くすることはないだろう
ーあの時
言葉は何の意味も持たなかった


秋風がくすぐったいので
もうどうにも堪えきれなくなって
木の葉が落ちてゆく
染め上げた美しさのままに
コケットの微笑をふり撒いてゆく
地面に落ちてもしばらく
木の葉たちは笑い続けるだろう

 

 

編集者から : 是非、感想をお寄せください。

 

 

Tweetの面白さを

Tweetの面白さを

 

最近、facebookからtweetに移り記事を読む機会が多くなった

どのような解説で取り上げられているのか、記事を探し問題を明らかできたらいいかな。

 “労働者の物分かりの良さ“はどこから?[窪田順生ITmedia]から抜粋

  ネットやSNSに散見される意見としてはやはりというか、「地方の中小企業が全滅して結局、労働者が失業してしまう」というものが多い。また、「賃金を上げたらどうせ経営側は現場の人員を減らすので結局、1人がたくさんの仕事をさせられそうだ」と賃上げが過重労働のトリガーになることを懸念する声も少なくない。

  要するに、時給1500円ももらえるのは嬉しいけれど、そのせいで企業が経営難に陥って労働環境が悪化しないか、ということを心配して「無理して給料を上げなくていい」と考える労働者もかなり存在しているのだ。

  しかし

  成長戦略会議メンバーのデービッド・アトキンソン氏が主張しているが、諸外国では「賃金を上げたら失業者が増える」ことを示すデータは存在しない。経営者側の主張に基づく、科学的根拠のないポジショントークに過ぎないのだ。科学的根拠もない話で国民を脅して「経済死」を増やすことにしかならないのではないか。

 

どう思いますか?  

あとは次回に!

(ユニオンh)

 

怒り

① 大金持ちも節税ー成功者はお金に執着心があるのかー

Microsoft news AFPBB Newsより

ニューヨークの非営利報道組織プロパブリカ(ProPublica)の調査報道によると、小売り・IT大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)を創業したジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏は2007年と2011年に、電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク(Elon Musk)氏は2018年に、所得税をゼロに抑えた。

 

②古い話ですが、話題のこの人もお金が好きのようです。もちろん僕もお金は好きですが・・・

2020/11/04 05:00MAG2 NEWS

国税が暴く竹中平蔵氏の住民税脱税疑惑「ほぼクロ」の決定的証拠

以前掲載の「元国税が暴くパソナの闇。持続化給付金の不正受給を防げぬ当然の理由」で、人材派遣会社の最大手「パソナ」の政官癒着体質を批判した元国税調査官で作家の大村大次郎さんですが、現在、同社の会長を務めている竹中平蔵氏にも数々の「疑惑」があるようです。大村さんは自身のメルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』で今回、かつて国会で追求されるもいつの間にかうやむやとなってしまった、竹中氏の「住民税脱税疑惑」を改めて検証しています。(以下略)

 ★補足:竹中氏1993年から1916年米国、日本を居住地を変える。1月1日はいつもアメリカ。彼は得意げに語る「「知ってる?『1月1日』に日本にいなければ、住民税は請求されない、つまり払わなくていいんだ。だから毎年暮れに住民票を海外に移し、年を越してから戻ってくれば効果的かつ合法的な節税になるよ」

 

③その発言何か裏あるんじゃ?

Yahooニュース6月7日

竹中氏は東京五輪パラリンピックについて、「世界に対して『やる』と言った限りはやる責任がある」と力説。その理由について、「なんでやるか、やらないか、あんな議論するか、私は分からない。だって、オリンピックは世界のイベントなんですよ。世界のイベントをたまたま日本でやることになっているわけで、日本の国内事情で世界に『イベント(五輪)やめます』というのはあってはいけないと思いますよ。世界に対して、『やる』と言った限りはやる責任がある」と熱弁した。

 

④やっぱり

https://www.mag2.com/p/news/494587

竹中平蔵東京五輪で“中抜き大儲け”。丸川大臣「守秘義務」の大嘘、人件費名目で国民の税金を食い物

 

一体どうして音は出るのか

 音楽がすきで楽器を練習している。トランペットで、ダニーボ-イの一番高い音が10年ほど経った今でも安定しない。これはつまり音程はどうできるのかを知れという課題かもしれない。
 ぼう放送局でプップップーッというあの時報?は440ヘルツのラの音。空気が薄くなったり濃くなったりの繰り返しが一秒間に440回もあるなんて、信じにくい。一秒間に440回も手でたたくなんてできないし、貧乏ゆすりでもできそうもない。でも声帯からは一オクターブ上の880ヘルツも出てくる。一秒間に880も空気の圧力が変化するのはどのような仕組みなのか。道は遠く険しい、シルクロードのように。
 理科の先生方の研究会で質問した。 「なぜ物をたたくとある高さの音が出るのですか」。「物には一定の固有振動数というものがあり、その音が出る」。わかったようでわからない。二胡では弓で弦をこすって音を出す(なので、弓に松脂を塗って摩擦係数?をあげる)。こするのは叩くという2つの物体のぶつかりの一形態か。でも音は一定でなく変わる。固有振動数が変わる?変わらないと演奏できない。まあ、弦を指でおす位置を変えるので、固有振動数が変わるのか。指をこま近くまで動かすと音はどんどん高くなる。しかし管楽器トランペットでは、そういかない。マウスピースを吹いても音が出ない。一体どうして音は出るのか。元に戻ったのか。進んでるのか?(ユニオンのM)