熊本教育ネットワークユニオン

活動の報告と相談の窓口です。またブログ担当者の学習の跡でもあります。過去の記事をご覧になるときは下のメニュー欄をクリックください

MENU

学習資料

学校の中で = 連合「なんでも労働相談ダイヤル」

連合「なんでも労働相談ダイヤル」から 日教組 第4回臨時・非常勤教職員等全国協議会全国交流集会の資料から ★熊本教育ネットワークユニオンは、教育関連の職場(少しでも教育と関係あればどんな職場でもOK)に働く人たち(主として地公法適用除外者)で作っ…

フリーランスについての内閣府試算のニュース

フリーランスという形態で働く人は、「労働者を守る関連法令は一般的には適用されない」(記事3段)。建築業の「一人親方」、教育の世界の「家庭教師」みたいなものか(雇用主がいる、そこから派遣される家庭教師は労働者だろうが)。 参考:内閣府HP https:…

9月10日の熊本教育ユニオン学習会・定期大会の講師の取組の記事

9月10日教育ネットワークユニオン学習会の増渕さんの記事です。

労働組合があること

⬇︎ ここから http://zenkokuipan.blog8.fc2.com/blog-entry-166.html ⬇︎ この記事を見つけました。 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO39175460Q8A221C1000000/ 是非、お読みください。

読んでいて涙を誘う記事です 

戦後生まれでも「戦前を感じる」この頃・・・・。読んでいて反戦・平和の運動をさらに進める必要を感じました。 この地元紙は戦争体験の継承を意識的にやってくれているようです。 読んでいて

ℐ女のしんぶん 8月10・25日号 キューバの医療

今回も『ℐ女のしんぶん』(ℐ女性会議の機関紙)からです。

ℐ 女のしんぶん 7月25日号

ℐ(アイ)女のしんぶんが、届けられているのを目にした。7月25日号は「仕事の世界で暴力とハラスメントをなくす」です。 女のしんぶんは月1回発行で月額300円。 同じ号に下の記事も

月刊社会民主2019年8月号(No771)Watching 社会 『安倍政権のメディア介入と威嚇を断つ!』

月刊社民はなかなか面白い。特にWatchingは新たな事実と見方を教えてくれる。私は成澤宗男氏の国際問題にいつも刺激を受けている。今回は森賀津子氏の社会問題を紹介したい。 表題の通り安倍政権がメディアを蹂躙しようとしていることの心配からだ。 月刊社…

熊本日日新聞、今朝(2018年11月9日)地公法3-3-3の特別職 労働基本権問題を報道

熊本日日新聞、今朝(2018年11月9日)地公法3-3-3の特別職 労働基本権制限問題を報道 ★熊本教育ネットワークユニオンは、教育関連の職場(少しでも教育と関係あればどんな職場でもOK)に働く人たち(原則として地公法適用除外者)で作っている労働組合です。…

10月号の月間社会民主の特集は『教育は「持続可能」なのか?』

10月号の月間社会民主の特集は『教育は「持続可能」なのか?』 購読(今号だけでも可能)されたい熊本県内の方は私まで。 その他の方は03-3553-3786にお電話ください。kikanshisenden@sdp.or.jp にメールで問い合わせも可です。

問題ありの「裁量労働制」

今朝(熊本日日新聞20180928)三菱電機が裁量労働制を廃止するという記事。5人の労災認定のうち3人が裁量労働制とは深刻。もともと日本の労働者は「半ば強制半ば自発」(熊沢誠さん)で働いている(働かされている)その中での裁量労働制は強制された自発が…

会計年度任用職員制度をめぐって

会計年度任用職員制度をめぐって 会計年度任用職員って知ってますか。変な名前の制度が2020年から学校をはじめ公務員に導入されます。非正規公務員への大きな制度変更になります。 熊本県の県立学校では非常勤講師は現在、地方公務員法3条3項の3を根拠に任用…

非正規職員の労災申請

研究者らがネット署名呼びかけ 安倍政治に終止符を!

教育ユニオン学習会 資料1

中央労福協の「奨学金問題」パンフ 昨日2018年9月15日熊本教育ユニオンの学習会時に配布のパンフレットです。

ご案内「交通の安全と労働を考える市民会議(第16回)in熊本」

熊本県平和運動センターから下の文章を含む、集会参加の要請があっています。 ご紹介しご案内いたします。 日時 2018年9月23日(日) 14時~15時45分 場所 熊本県教育会館5階ホール 内容は下の通りです。 熊本教育ネットワークユニオンの方で参加される方は事…

長崎にて 高校生平和大使と又市党首懇談

長崎にて 高校生平和大使と又市党首懇談

『財務省2017年度法人企業統計』をみる

https://www.mof.go.jp/pri/reference/ssc/results/index.htm に、 財務省が『2017年度法人企業統計』を示している。 今年度の4月~6月の四半期別調査の公表もあるが、 『平成29年度(PDF:439KB) 』 もある。その中で、企業の稼ぎのうち人件費に回した割合(…

昨日の『総務省「スケジュール(想定)」』に加筆しました。

〇 マニュアル(第2版)がまだ出ていないようです。 ◎ 団交申し入れは、済んでいます。日程を決めるところです。をクリックするとみることができます。 熊本教育ネットワークユニオンは会計年度任用職員制度の導入にあたって熊本県(県教委)へ団交の申し入…

大阪合同労組の『教育合同ニュース』 632号を読む

大阪合同労組『教育合同ニュース』632号には興味ある記事がある。 大阪合同労組は、全労協加盟の組合のようだ。以下は全労協と文科省が交渉をおこなったときの様子をニュースに上げてあるのを、抜粋したもの。 改正地公法で新設される「会計年度任用職員」に…

資料 総務省2017年8月『会計年度任用職員制度の導入等に向けた事務処理マニュアル(第1版)』より

鳴り物入りの地公法改正 結局、実質的には会計年度任用職員パートタイムのみの制度改正か? つまり、特別職の労働組合としての活動を封じ込めることだけが目的だったのか?? 少なくとも結果はその方向に流れている。 総務省の資料を下に上げる(マニュアル…

「労働協約と労働契約」 一字違いだが・・・

「労働協約と労働契約」 一字違いだが・・・。 ある学習会に参加しました。説明が早かったので、見逃してしまいました。恥ずかしい。 帰宅後、資料を読み直していたら・・・・。 引用はじめ 【 会計年度任用職員への移行と労働組合・職員団体 】 特別職非常…

障害者雇用水増しで厚労省に申し入れ(社会新報2018年9月5日号から)

「自立と政治参加をすすめるネットワーク」が申し入れをしたという記事です。 記事には触れられてはいないが、この問題は大きな問題で、このようなことを引き起こしてしまった責任(知っていたとか知らなかったとかいう問題ではなく:結果に対する責任)は、…

人口減少の村から魅力発信(社会新報2018年9月5日号から)

人口減少の村から魅力発信(社会新報2018年9月5日号から) 過密・過疎の問題は日本の重要な問題。社会問題であり、政治の問題でもある。社会新報が伝えてくれるのはありがたい。 記事を読んでみたい。 小学校跡地が有効に利用されているようですが、小学校が…

熊日「生活苦 格差さらに」(2018.9.2)を読む

「生活苦 格差さらに」という記事を読んだ。 この20~30年で格差は広がる一方のようだ。記事を読んでみよう。 県内の生活保護世帯数は2000年~2014年の15年間でほぼ倍増している。2015年から18年に減少しているのはなぜだろう。2016年の熊本地震による支…

今朝(2018年8月31日)の熊本日日新聞「ニュースと法律」に 『最低賃金以上支払う義務』の記事

熊本日日新聞「ニュースと法律」に『最低賃金以上支払う義務』の記事 が載っています。読んでみましょう。 熊本762円はDランク(一番下の県)です。 ちなみにお隣の国韓国では全国統一賃金とか。 ランク分けすることは必要なのか??

「非常勤職員における公務災害認定申請問題」で進展か?

東京新聞の新聞記事を紹介しましたが、 「非常勤職員における公務災害認定申請問題」で進展がありそうです。 情報が入ったらお知らせいたします。

ILO

ILO Cases Nos 2177 and 2183 (Japan): Interim reportComplaints against the Government of Japan presented by the Japanese TradeUnion Confederation (JTUC–RENGO) (Case No. 2177) and the NationalConfederation of Trade Unions (ZENROREN) (Case No…

非常勤職員における公務災害認定申請問題

「常勤と非常勤で命の重さに違いがあるのでしょうか」 非常勤職員における公務災害認定申請問題 東京新聞8月6日の記事です。

人事院勧告

「勧告から1か月も経て人事院勧告について書くのは遅すぎる!」と言われそう。 某県では、県立学校非常勤講師の給与が「月額配布制」(⇠変な書き方ですが)です。月給額の決め方は、一人一人の年間授業予定時数を数えそれに単価をかけ12等分する。確かにこの…